FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/07(Thu)

ヴァーリトゥード

pen<1
玉茶川は格闘技好きです。

19の頃、趣味が高じて元タイガーマスク・佐山聡先生の「シューティング」という、
総合格闘技をかじりました。シューティングが大好きでした。
とっても弱くてへたくそな玉茶川だったけど。

後に「格闘技界の黒船」と呼ばれたグレイシー。
当時は正体不明の格闘技で、ヴァーリってなんだとか、ジュージュツってなんだろね、と
格闘技ファンは、そりゃもう大騒ぎさぁ!でした。

総合の老舗として、グレイシーとシューティングが戦う事は必然の事だったと思います。
アメリカのアルティメット大会が起こした「なんでもあり・最強グレイシー」のブーム。
グレイシーに立ち向かえるのは日本のシューティングだけじゃないのか。
世間の期待がシューティングに集まりました。
そこで400戦無敗男、ヒクソン・グレイシーを日本にまねいて実質上グレイシー対シューティングのオープントーナメント大会「ヴァーリトゥードジャパンオープン」が開かれたのでした。

この絵は95年大会の中井祐樹選手とジェラルド・ゴルドー戦をもとに描いたと思います。
シューティングをしょってゴルドーと戦った中井選手は勝ちましたが右目をこの試合で
失いました。
すぐ後のヒクソンとの決勝戦は負けましたが、しかし、この大会でシューティングは再評価されたのでした。

シューティング。
現「修斗」と呼ばれている格闘技の昔話。
玉茶川の、憧れと青臭さと若さが詰まっています。
と、言いながらビール腹をなでてみる夏の一日。
スポンサーサイト
15:59  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tamatyagawa.blog87.fc2.com/tb.php/97-fca8164a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。