FC2ブログ

07月≪ 2018年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/06(Wed)

ラダックの少年

ilo.jpg
この絵はインド、チベットの奥にあるラダック・ザンスカールの少年を描いたものです。

ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に囲まれた険しい土地ラダックは
今のチベットがなくしたもっとも優れた文化・伝統が今も残る秘境で
「小チベット」と呼ばれてるそうです。

なぜだかわからないけれど、この高地に本当に心惹かれてしまう。
せつなくなる。

酉年の年賀状として知人にあげて原画は手元にありません。
スポンサーサイト
14:21  |  あげた絵  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●この雰囲気

e-256玉茶川先生、はじめまして。
チベットの女の子につづきこの絵もいいですねe-68
ほのぼのとします。

この絵がナマ原画で年賀状がくるなんて~
もらった人がうらやましいっ。
こちび | 2008.08.06(水) 22:45 | URL | コメント編集

●ほのぼの御縁

こちびさん、はじめまして!!

玉茶川の絵から「ほのぼの」を感じ取ってくれて
ありがとうございますっ!!

玉茶川は絵と漫画を描く事しか出来ない人間なので、
感謝の気持ちと言えば絵になってしまうのですよぅ。

いつか、御縁あって、こちびさんに年賀状出せる時きたらと
思いますヨっ!!その時は受け取ってくださいっ!!

また、遊びに来てくださいね!!
玉茶川マナル | 2008.08.07(木) 16:40 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tamatyagawa.blog87.fc2.com/tb.php/93-c5982101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。