08月≪ 2011年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011.09/20(Tue)

青永遠屋ツリーハウス店

waseda

早稲田文学さんが出しているフリーペーパー「WB」の表紙用に描かせていただいたイラストです。

ツリーハウスに、なぜだか心惹かれます。
大きな森の中のツリーハウスで、木々の香りに包まれながら、読書ができたら。

田舎の高知にいた時はいつでも出来た事だろうに、
気づくのは、手が届かなくなった時なんだなぁと思いました。
スポンサーサイト
05:21  |  草子ブックガイド  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/12(Mon)

青空読書

青空




 草子ブックガイド第一巻総トビラ用に描き下ろさせていただいた絵です。

 登場人物達が総出演する「全員集合絵」が大好きなので、店長・岬君・しおり・草子の皆を出しました。
 物語の舞台となる青永遠屋をこの角度から描くのは初めてでしたが、こんなに大きい建物だったんだなぁと、描いていて自分でビックリしました。

 二日もかかってしまいましたが、完成した時「描くことが出来て良かったなぁ」と、なんだかほのぼのしたのを憶えています。
14:50  |  草子ブックガイド  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/11(Sun)

玉川重機

玉川重機
 
 パソコン周りを何とか整備できたので、ひさかたぶりのブログアップとなりました。
 それに合わせてペンネームも今、使っている「玉川重機」に変えました。玉川重機と書いて「タマガワシゲキ」と読みます。

 この名前は、父の経営していた今は無き有限会社「玉川重機」から採りました。
 ペンネームを変更した経緯は拙著「草子ブックガイド」の第1巻のあとがきに詳しく書かせていただきました。


 写真は、その(有)玉川重機が仕事用に使っていた封筒です。
 この封筒に原稿を入れて玉川は、田舎の高知から、憧れあふるる東京の出版社へと初投稿をしたのでした。
 あれは、高2か高3の頃だったでしょうか。雑誌は確か、「月刊コミコミ」だったと思います。結果は気持ちいいほどにカスリもせず落選しました。
 もう、20年以上も前の事になるのですね。高知に居た時間より東京に居る時間の方が長くなってしまいました。
 今は数年に1度の高知への帰省に憧れるようになってしまいました。
02:34  |  玉川のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |