05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/31(Sun)

当時の顔

ぺん
下書きなしGペン一発練習絵。
10年くらい前にTVぴあ見ながら描いたと思います。

当時の芸能人の顔。
あんまり似てない。
右上はたぶん角野卓造さんじゃないだろか。
スポンサーサイト
11:58  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/12(Tue)

こねる

taikyoku.jpg
下書きなしのGペン一発の練習絵です。
10年ほど前の絵でしょうか。
太極拳をしてる人を描いたのだと思います。

なんか、太極拳のゆったりとした動きを見てると、
世の中の白と黒しかない風評をゆっくりまぜ、こねて、
本当の大切な何かを産み出してる気がします。

角張った緊張を丸くしてる祈りのような動き。

太極拳できる、風をこねる、おじいちゃんになりたいです。
14:44  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/07(Thu)

ヴァーリトゥード

pen<1
玉茶川は格闘技好きです。

19の頃、趣味が高じて元タイガーマスク・佐山聡先生の「シューティング」という、
総合格闘技をかじりました。シューティングが大好きでした。
とっても弱くてへたくそな玉茶川だったけど。

後に「格闘技界の黒船」と呼ばれたグレイシー。
当時は正体不明の格闘技で、ヴァーリってなんだとか、ジュージュツってなんだろね、と
格闘技ファンは、そりゃもう大騒ぎさぁ!でした。

総合の老舗として、グレイシーとシューティングが戦う事は必然の事だったと思います。
アメリカのアルティメット大会が起こした「なんでもあり・最強グレイシー」のブーム。
グレイシーに立ち向かえるのは日本のシューティングだけじゃないのか。
世間の期待がシューティングに集まりました。
そこで400戦無敗男、ヒクソン・グレイシーを日本にまねいて実質上グレイシー対シューティングのオープントーナメント大会「ヴァーリトゥードジャパンオープン」が開かれたのでした。

この絵は95年大会の中井祐樹選手とジェラルド・ゴルドー戦をもとに描いたと思います。
シューティングをしょってゴルドーと戦った中井選手は勝ちましたが右目をこの試合で
失いました。
すぐ後のヒクソンとの決勝戦は負けましたが、しかし、この大会でシューティングは再評価されたのでした。

シューティング。
現「修斗」と呼ばれている格闘技の昔話。
玉茶川の、憧れと青臭さと若さが詰まっています。
と、言いながらビール腹をなでてみる夏の一日。
15:59  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/07(Thu)

怖い人

pen[1
下書きなしのGペン一発練習絵。

誰を描いたのか覚えていません。
なんか、凄く恐い顔してます。
全身像も描いてあって、
この人、女性なのねん。
元の写真を見てみたいと思いました。

pen[2←女性だったみたいです。

15:13  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/04(Mon)

長い人

     pen62.jpg

下書きなしGペン一発練習絵。

何を見て描いたのかは忘れましたが、
やたら縦に長い人になってるなぁ。
16:28  |  練習絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。